チーム

長岡 大輔(ファウンダー)

マッキンゼー・アンド・カンパニーにて情報・通信・メディ ア、ヘルスケア、金融等、幅広い産業分野で、成長・営業戦略や商品開発、経営変革に取り組む。
その後、ソフトバンク株式会社にて社長室経営戦略マネージャーとして新規事業開発を担当し、特にBtoB資材調達ベンチャーのサプライヤーソーシング部長として立ち上げに従事。
新生銀行に参画し、事業法人営業強化政策の立案・実行を担当後、プライベートエクイティ部及びラフィアキャピタルにて企業買収案件の発掘・分析に携わる。
2004年にアクセーラを設立。
早稲田大学政治経済学部卒業

堀内 大(最高執行責任者)

東京都出身。芸能事務所と制作会社を経営する父親の影響により、小さい頃はドラマの台本を読んで育つ。
みずほ銀行にて融資営業に従事。
その後、ベンチャーキャピタルにてオンラインで契約ができるバイク盗難補償の立ち上げを行い、1年後に東証一部上場企業へ事業譲渡。
投資先のエフルート(現:アクセルマーク)にて上場準備を担当。
2008年アクセーラへ参画。その後、コンテンツ事業部をゼロから立ち上げ、恋愛ゲームにおいては、全世界において900万ダウンロードの実績を残す。

 

2012年サムライインキュベートの支援も得て、子会社も同時に立ち上げる。
女性向けメディア「ベリーグッド」を立ち上げ、月間700万PVまでに成長させ、フォーサイド社と業務提携。 
その後、恋愛ゲーム事業と並行してスマートスピーカー向けのアプリのプロデュースに従事。現在は、スマートスピーカー向けアプリにおいては全部で約10本、30万ダウンロードの実績。一方で、ハンズオンでの新規事業立ち上げの支援にも従事。

 

早稲田大学法学部卒業

取材記事(AnotherLifeへリンク)

長岡 利明(代表取締役)

日本電気株式会社 入社。
その後、株式会社シスウェーブ(旧ニッポー電測株式会社)を創業。社長就任。
その後、株式会社シスウェーブをジャスダックに上場させる。
現在は、NPO法人ともに会を設立、理事長就任。
日本大学大学院 理工学研究科修士課程(電気選考)卒業

CIO チーフ・インキュベート・オフィサー 榊原 健太郎

株式会社アクシブドットコム(現ECナビ)創業期において営業統括として、営業本部の立上げ、営業販促戦略、広告商品開発、アライアンス戦略に取り組む。
その後、株式会社電通ワンダーマンにて、大手情報通信・飲料メーカー・金融会社のダイレクトマーケティング戦略に従事。
その後、株式会社ECナビに復帰、営業統括として、西日本広告販売ブランチの立上げ、営業本部の再構築、モバイルサイトの立上げに従事。
2008年にシード・アーリーベンチャーの経営・マーケティング・営業・人事戦略支援に特化した株式会社サムライインキュベートを設立し代表を務める。『Samurai Fund』(サムライファンド)を立ち上げ、ベンチャー企業のインキュベーションを推進。
関西大学社会学部産業社会学専攻卒業

PAGE TOP